« 青空の下でテニス | トップページ | 初秋の玉原湿原 »

2008年9月 2日 (火)

アケボノシュスラン

ラベンダーパークの今シーズンの営業が8月31日で終了し、たんばらは静かになりました。暑さも一段落し、秋の山歩きに最適なシーズンを迎えます。林床にひっそりと咲く可憐な花を見つけるのも、山歩きの楽しみのひとつ。当ペンション横の林には、こんな花が群生しています。
Rimg0023
アケボノシュスラン(らん科)です。花色を曙、葉を繻子(光沢のある織物)にたとえた名前だそうです。高さは5~10㎝。長さ1約㎝の花を密につけます。淡い桃色の小さな花が一面に咲いていて可憐です。

|

« 青空の下でテニス | トップページ | 初秋の玉原湿原 »

たんばらの近況」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216641/42357124

この記事へのトラックバック一覧です: アケボノシュスラン:

« 青空の下でテニス | トップページ | 初秋の玉原湿原 »