« バニラアイスのマルバフユイチゴソース | トップページ | 鮭のムニエル »

2007年9月10日 (月)

トチの実

実りの秋。たんばらの森林でもたくさんの木が実をつけています。その中のひとつ、トチの実を紹介します。落葉高木トチノキ科トチノキの実です。
Imgp0050
この実があと一ヶ月位で熟して落下します。外皮が3つに裂けて中からクリに似た実が出てきます。
Rimg0063
とてもアクが強く、クリのようには食べられません。長時間水にさらしてアク抜きをしてから、粉にしてトチ餅などにするそうです。

たんばら高原にはトチノキがたくさんあります。遊歩道沿いにも多く見られ、10月になると実がたくさん落ちています。
070827_080400 070827_080318
これは、鹿俣山へ登る遊歩道沿いにあるトチノキです。沼田の名木百選に選ばれています。幹の表面は地図の等高線のようになっていて、うろこのようにはがれます。

実が落ちるとやがて葉も茶色くなり、すっかり葉を落として冬を迎えます。ねばねばした大きな冬芽をつけて厳しい冬をやり過ごし、これが春に芽吹き新緑となります。Pict00372
そして、5月下旬から6月上旬頃に、こんな花が咲きます。
夏が暑くても涼しくても、雪が多くても少なくても、木々は毎年必ず芽吹き、花を咲かせ、実を付け、葉を落とす、その繰り返しが自然の営みなのだなあと感じます。

|

« バニラアイスのマルバフユイチゴソース | トップページ | 鮭のムニエル »

ブナの森林」カテゴリの記事

森のいきもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216641/16404695

この記事へのトラックバック一覧です: トチの実:

« バニラアイスのマルバフユイチゴソース | トップページ | 鮭のムニエル »